文章を読むのが好きで集中力に自信がある人におすすめの校正の副業

集中力自分で文章を書くのが好きな人であれば、副業としておすすめなのがライターのお仕事です。

クラウド系の副業紹介サイトではライターの仕事であれば、数多く見つけることができるでしょう。

専門的な記事を書く場合もあれば(その場合は当然、報酬も高くなります)、ブログのような記事を書くブログライターの募集もあります。

特に最近ではクラウド系の副業紹介サイトが注目を浴びてきています。
大手のサイトでは登録者の数も多く、倍率も高くなりますが、その代り、募集数も多く、自分の条件に合わせて仕事を検索することも可能になります。

また、ライターの仕事の他に、もっと文章を専門的に見ることができる人であれば、校正の仕事を探すこともできるでしょう。

校正の場合、当然、自分で記事を書くわけではありません。
他人の書いた記事に間違いがないかチェックする仕事となります。

誤字は当然のこと、全体的に目を通した場合に、文章として気になる場所や、言葉遣い、また、間違っているわけではなくても、こうしたらもっと良くなるのではないか?といったように、プロの目で見て、さらに読者の視点で考えて文章を校正していくのですから、かなりの集中力が必要になるでしょう。

校正の仕事の場合、画面上で作業をするのではなく、可能であれば、PDFなどの原稿を印刷してみて、原稿を見ながらチェックしていく方がやりやすいでしょう。

画面で見て作業をすると、なかなか細かいチェックをするのは難しいものなのです。

少々難しい仕事にはなりますが、副業としては、大変やりがいのある仕事と言えるのではないでしょうか?

副業を探すときは本業の職場に迷惑をかけないようにする

副業本業はあるけれど、それだけでは貯蓄ができないため、将来のことを考えると心配である、そのような人は少なくないでしょう。

毎月、お給料をきちんともらえても、毎月の生活費だけで手一杯という人が多いのではないでしょうか?

特に若いうちはそうですよね?
あと、月に2万円でいいから、余分に稼ぐことができたら!
そうは思っても、最近は、あまり残業を推奨している企業が少ないようですし、残業があってもサービス残業なんていう言葉がよく聞かれるくらい、収入には結びつかない場合も少なくないようです。

では、本業以外で収入を得ることを考えてみるというのはどうでしょうか?
本業で、あと2万円を稼ぐのは難しくても、副業があれば、月1万から2万円なら稼ぐことが可能になるかもしれないのです。

また、副業といっても、色々あります。
投資やアフィリエイトといった副業もあれば、ライティングなどのような仕事もあります。

最近では、副業を行うにあたって、クラウド上で仕事を受注したり、情報を交換したりといったことが、普通に行われるようになりました。

ですから、自分の能力にあった仕事をクラウド上で見つけ、納品することも可能です。

仕事を選ぶときも、定期的に発注を受ける場合もあれば、そのように、クラウド上で、自分のできる分だけ、スケジュールなどを考えながら発注したりすることも可能です。

実際のところ、本業で収入を増やすよりは、副業で収入を増やす方が簡単な時代になったと言えるでしょう。

ただ、問題は、副業と言え、一定の額を越えてしまうと、確定申告しなければならないということに注意しなければなりません。

確定申告の時に、特に気をつけなければならないのが、住民税についてです。
住民税には、普通徴収と職場から毎月惹かれる特別徴収があります。

通常、企業で働いていて、本業がある場合、特別徴収されているのでほとんど意識してさえいない人も少なからずいることでしょう。

ですが、副業があって確定申告しなければならない場合は、副業の分の住民税は普通徴収にしてもらった方が良いでしょう。
そして、副業を持つ場合は、税金においても、できるだけ本業の職場に迷惑がかからないように注意しなければなりません。

Copyright© 2010 楽して稼げる仕事紹介 All Rights Reserved.